この先、23番地.

富田林 寺内町(じないまち)にある 手仕事と雑貨のお店「23番地.」のつれづれ
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
オープン余話

23番地.という店名について。

 
まぁ、うすうす気付かれてるかと思いますが

所在地の番地を、そのまま使っておりまする。

 
店名に関しては、オープンまでに決めればいいさ

その時になったら、何か降りてくるはずだ…と、気楽に構えてました。

1月末に3店舗が顔合わせした時、みなさん
すでに決められていて「早いなぁ〜」と思ったくらいですから。

 

がしかし、その顔合わせから数日後

「店名、決まりましたか?」と電話がありまして…。


「ま、まだです」と答えると

「あしたの午前中に、もう一度電話があると思いますので

 その時までに、決めておいてください」 と。

 
な、な、なんと。

この時点で、夜10時半ごろ。

どーしようかなぁ〜。 何にも降りてこんぞ…。

考えれば考えるほど、どれも違うような気がする店名。

 
今まで、委託作家として活動していた時は

tefu:tefu を名乗っていたけど、これはあくまでも作り手として使いたいし。

これを店名にする気は、全くなく。

(周りは、tefu:tefuにすると思っていた人が多かったみたいですが)

 
・・・・・・・・。

 
テスト勉強中、なぜか始めてしまう机周りの整理のように

資料やら書類を整理していて、ふと目にとまった店舗規約書。

そこに書いてあった 富田林町23番地の文字。

 
23番地…。 いいかもな。

 
そして、これまた なぜか見てしまった画数占い。

23番地は、20画。

 
最凶数。

マジですか。

 
占いは気にしない方だけど

知ってしまったら、気が悪いし

再び、店名を考え直そうとしたけど

23番地が邪魔をして、何も浮かばないのです。

 
そうだ!    「。」を付けてみようと

紙に書いてみると、なんだか甘い感じ。

 
なんか、カフェオレのような感じではなくて

グリーンティーのように甘さ控えめで渋い感じがいいのだ。

「。」を「.」に変えてみる。

 
23番地.

 
ま、いいか。 これで。

いちいち点が面倒くさいけど、アクセントっぽいか。

(そして、やっぱり「.」は見落とされている場合が多い)

これで総画21。

画数的にも、どうやら悪くはないらしい。

決まった、決まった。

こんな感じで、店名が付いたのでした。



お店が出来るまで : 完  

長らくのご清聴ありがとうございました。
| comments(2) | category: お店が出来るまで |
オープン直前 その2

 
しばらくぶりの「お店が出来るまで」 です。

この画像は、オープン前日のもの。
この時点では、まだ里庭さんとの間に仕切りがありません。
両隣のお店のオープンは、この1週間後だったのでした。

なんだか、今よりも閑散としてますね〜。

照明をつけたのも、この日。
レジカウンターを作ったのも、この日。
大家さんやら、うちの両親を巻き込んでの準備作業。

日も暮れたあたりから、ようやくディスプレイ開始。
のぞきに来てくれたNさんやらdou-douさんに
「このあたりを頼む!」 と手伝ってもらったりして
午後9時か10時ごろまでやってましたかね〜。
なんとかオープンに、こじつけた感じでした。

それまで、ご協力いただいた方々には
改めて、厚く御礼を申し上げます。

そんなこんなで、23番地.はスタートしたのでした。

| comments(0) | category: お店が出来るまで |
オープン直前 その1

全ての工事が終わり、コンセントも取りつけてもらい

壁にワックスも塗って、キレイにしておいた什器を店舗スペースに移して

現場作業は、ひとまず終了。

 
3月に入ると、お店で使う袋類や備品などを調達しに行ったり

値段付けをしたり (思いのほか時間のかかる作業でした)

あっち行ったり、こっち行ったりと東奔西走して

寝る間も惜しんで、作業・作業。

 
本当は、3月13日のじないまちの雛めぐり初日を

オープンの日としてもいいのです。

紅梅蔵の他2店舗は、そうでしたし。

 

でも、その日が初日だとワタワタするのが見えていたし

その1週間前からオープンして、ウォーミングアップしておきたい。

その間に、不足なものを補いたい。

もう、性格ですな。

 

が 為に、6日オープンを決定したのは その2日ほど前。

間に合わない感もあったので、決定までグタグタとしましたが

ある程度の目処はついたこともあって、ほぼ見切り発車状態。

 

だってねぇ〜、始めから100%なんて無理ですし

永遠に100%なんてないかもしれないし、きりもないし

「えいっ」って感じですわ〜。



※8月1日(日)は、PL花火大会のため営業時間を短縮し
 15時閉店とさせていただきます。予め、ご了承ください。

| comments(0) | category: お店が出来るまで |
内装の巻 その3

さてさて、内装の話はまだまだ続きます。

 
壁には、何年か前に拾った

ガラス戸をつけてもらいたかったので、大工さんに相談。

これは今、店内右手に取りつけてあります。

 
この壁工事に関しては、色々と相談しながら

進めてもらおうと思っていました。

 
大工さんが来る予定という日に

何日か現地でスタンバイしていたのに来ず

連絡の行き違いか、来ないはずの日に来ていて

今度行ったら、工事が終了していたということがありました。

ちょっと、ボーゼンとしましたが。

 
気持ち的には、このあたりが一番きついころだったかも。

モノは作らないといけないし、買わないといけないものもあるし

あれもこれも準備しないといけないし、工事は思うようにいかない。

日にちもない…。

(3/6 にオープンしようと思っていたのでねぇ)

 
もうあと二人くらい自分がいたらなぁ〜と毎日思っていたような。

2月も下旬、まだまだ寒風吹きすさぶ頃でございました…。

| comments(0) | category: お店が出来るまで |
内装の巻 その2


 少し間が空きましたが、開店前のお話の続き…
 床板を貼り終えたところまで、でした。

 床板を貼った後は
 通路側と入口付近の壁の取り付け。
 壁といっても、50儡岾屬了拊譴
 板を貼りつけていくというもの。
 支柱と、板の貼りつけ位置を確認したところで
 ひとまずは、一段落。

 その間に友達に手伝ってもらって
 床にワックスを塗る作業。

お店に来てもらうワンコにも害のないものを…と
ben:chiさんが分けてくださったオスモのワックスです。

二度塗りなので、次の日にもワックス塗り。

実は、ワックスを塗る前に
ちょっとだけ、床にマークを入れてみましたよ。
いつ気付かれるだろうか…とワクワクしながら。
 

| comments(0) | category: お店が出来るまで |
内装の巻 その1

 
内装工事に取り掛かったのは
2月も中旬にさしかかろうかという頃。
大工さんは一人。

何か手伝えることがあればしようと思ったけど
こういうことは、何もしたことがないので
結局、手を出せぬまま。(かえって、そのほうが良かったりする)
現場の近くで、大きめの什器を掃除する日々でした。

借りる場所となるところは、コンクリのたたき。
そこは、水平ではなく
正面から向かって右側に6cmほど、低くなっているらしい。

床を貼る前に敷く根太に、くさびで高さを調整。
あいだに断熱材を入れて床板を貼りつける。
やっぱり素人には、難しそう。
一時は、自分でしようと思ってたなんて、オソロシイ。

床が出来上がることで、店舗の広さが実感できます。
想像よりも、少し狭い?
ここに什器を置いたら、どーなる?

結果、置いてみんとわからん
という当然な答に行きつきましたけど。

| comments(0) | category: お店が出来るまで |
準備の巻







 まだ、手つかずの裏庭。
 昨年末の状態です。
久々に、お店が出来るまで〜を。
前回は場所が決まり、内装を決めないと という内容でした。

内装工事とともに進めないといけないのが
自分以外の作り手さんの手配と什器・店舗用品の準備。

什器は、幸いなことに閉店した薬局屋さんが
その大半を譲ってくださったのもあって
何の苦労もせず(きれいにするのは、大変でしたが)
揃えることが出来ました。

問題なのは、作り手の方々。
今、23番地.にご協力いただいている
日々窯さんとsoraneruさんは、3・4年も前に
「店を持ったアカツキには…」と
声を掛けさせていただいていたのです。

が、果して、今頃連絡を取っても大丈夫なのか?
そもそも、連絡は着くのか?

恐る恐る電話をしてみたら
お二方とも、こちらの緊張を解きほぐしてくださるかのように
明るく、やさしく対応してくださったのです。

ホントにホントに嬉しく、と同時にホッとして
小さくガッツポーズです。

co muさん、figueさん、COILさん、恵古箱さんも
突然お願いしたにも関わらず、いいお返事を戴け
もう、これだけでひと山もふた山も越えた気分になったものでした。

| comments(0) | category: お店が出来るまで |
はじまりの巻 その1





 
 今年1月下旬
 初めて3店舗および関係者が
 顔合わせしたときの風景。
「お店が出来るまで」というカテゴリがあるのに
まったく記事をUPしていませんでした ^^;
大したストーリーではありませんが、話をつらつらっと。

紅梅蔵の1スペースを借りられることとなった昨年末。
まず、考えないといけないのは、どういう内装にするか ということ。

蔵の内部は、30cm高のコンクリの仕切りと筋交いのみで
3つに区切られているので、大部分の空間はイケイケなのです。
しかも、その真ん中となる店のスペースには通路を設けねばならず。

通路は、裏庭や物置・トイレなどの共有スペースへ行くためのもの。
各他店舗には、勝手口となるようなものがない為、そこへ行くには
真ん中の店舗に設置された通路を抜けていくしかないのです。

この通路の幅をどうするか。
店舗間の間仕切りはどうするか。
隣接する店舗との壁は…?

真ん中であるが故に、自分だけの意見で進まないところもあったりして。
工事の見積もりをもらうまでの間は、本当に色々と考えました。

いろんな話が具体的に進み始めたのは1月下旬から。
蔵としてのオープン予定は、3月13日。

まだ、なーんにも手つかずの状態を目の当たりにして
果して間に合うのか?! という心境だった日々。


 

| comments(0) | category: お店が出来るまで |
ちぎってリスト


懐かしい…というか、少し前の画像が出てきました。

4か月ほど前の今年1月ごろに作った
「やるべき」リスト。

店作りに向けて、いろんなことが動き始めたころで
今のうちに思いつくことを書き留めておかねばと、箇条書きに。
その項目と項目の間に切れ目を入れて
やり終えたり決めたりしたら、ちぎっていく…という風にしてました。

ひとつちぎれ、ふたつちぎれして歯抜けになっていくうちに
早く残りのものも、ちぎりたくて、
でも、思う通りにいかないというのも世の常でして…。

ちなみに、いまだに終わっていないことも ^^;
それは、エプロンの作成。
始めはしてたけど、今はしてないし…えぇっか。

| comments(0) | category: お店が出来るまで |
Profile
23番地.
富田林市富田林町17−43
筺。娃沓横院檻横供檻横毅娃
10:30〜17:00
   月・火休み
(祝日の場合営業 翌日休み)
4月のお休み
 3(月)・ 4(火)
10(月)・11(火)
17(火)・18(水)
24(月)・25(火)
Archives
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links