この先、23番地.

富田林 寺内町(じないまち)にある 手仕事と雑貨のお店「23番地.」のつれづれ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | category: - |
10.11月こぎん教室のお知らせ

22日に明日お知らせいたします…と

言っておきながら遅くなりました。

スウリルさんの「こぎん教室」のご案内です。

 

今回は10月/11月の教室を

続けてお知らせいたします。

各講座の共通事項は、この記事の一番最後

【共通事項】に記しております。

 

まずは、10月の教室から。

「10月のこぎん教室」

今月に引き続き、キーホルダーを作ります。

今回、ご参加できなかった方も、ぜひ。

詳しい内容は、9月のこぎん教室でご確認くださいませ。

 

日  時 … 10月23日(日)13時〜16時
参 加  費 … 3200円(材料費込・お菓子付)

 

 

そして、11月の教室のことです。

この月の教室は、これまでに行った課題の中から

お好きなものを選んでもらおうというもの。

もう1度作ってみたい、参加できなかった…

という方は、このチャンスにお申し込みを。

 

「11月のこぎん教室」
日  時 … 11月12日(土)13時〜16時
参 加  費 … ご希望の内容により異なります。

 

それぞれの詳しい内容は、以下の通りです。

 

 屬海ん刺しのペンダント」


参 加  費 … 2500円(材料費込・お菓子付)

ペンダントは60cmの紐も付いているので
帰りは、つけて帰れますね。

経糸(たていと)の数を数えて
模様を作っていく こぎん刺しですが
このワークショップで使う布は
数が数えやすいものを用いるようですよ。
なので、初心者の方や
不器用だから…と思っている方でも大丈夫。
糸も、津軽の こぎん糸です。
 

 

◆屬海ん刺しのリボンモチーフ」


参 加  費 … 2800円(材料費込・お菓子付)

リボンモチーフは
デニムと麻地のコンビネーション。
このリボンの後ろには、パーツが付くのですが
バレッタか、ブローチをお選びいただけます。
リボンの大きさは、約10cmです。

津軽つきやさんのオリジナルの麻生地と
サンプルに使われているのは
漂白されていない白糸。
真っ白な糸もあって
それでも、よりすっきり感が出ていいらしい…。

図案は表側だけですが
作っていて、時間がかかりそうな場合は
もっとシンプルな図案に途中で切り替えられます。

生地の穴が見やすいので、刺しやすいですし
途中で図案が変更できるのなら
初めての方にも参加していただきやすく、人気の講座でした。

 

 

「こぎん刺しの刺繍枠フレーム」

参 加  費 … 2800円(材料費込・お菓子付)

刺繍枠をフレームに見立てたもの。

こぎん刺しの額は、直径10cmです。

仕上げの作業は、ほぼ皆無。

ひたすら刺繍の作業に集中していただけます。

 

生地は麻混の刺繍用の粗めで、刺しやすいそうな。


このまま、壁にかけておくことも出来ますよ。

こぎん刺しの世界に浸ってみたい方
ぜひぜひ、ご検討くださいませ〜。

 

 

ぁ屬るみの殻のピンクッション」

参 加  費 … 2500円(材料費込・お菓子付)

*参加費は、ピンクッション1つ分です。500円で1つ追加できます。

 

くるみの殻に包まれているので

そのままコロンと飾っていても

立派なオブジェにもなりますね。

 

生地は、青森弘前のもの。

少し縦長に模様が出るのが特徴です。

 

くるみの殻は大きいものなので

見た目よりは刺しごたえがあるかも。

一つ作り方を覚えて何個か並べてもかわいいですよ。


 

ァ屬海ん刺しのキーホルダー」

参 加  費 … 3200円(材料費込・お菓子付)

*場合により、ご希望の色(黄/紫)をご指定できない場合がございます。予め、ご了承くださいませ。

 

やっぱり10月も参加できないという方は

11月はいかがでしょうか?

詳しい内容は、9月のこぎん教室でご確認くださいませ。

 

 

【10/11月共通事項】

定  員 … 5〜6名

講  師 sourire(スウリル)
持ちもの … 糸切りばさみ
       (お持ちでない方は、ご相談ください)

 

※基本的に、糸はお好きな色を選べます。

 内容によっては、生地も選んでいただくこともできます。

 当日、講師のスウリルさんにお尋ねくださいませ。

 

ご予約・お問い合わせは、23番地.の店頭または
お電話(0721-26-2500)にて。


営業時間中のご予約がむつかしい場合や
当店が定休日の際は
メール: 23banchi☆gmail.com
(送信時☆を@に変更してください)へ、ご連絡くださいませ。

その際、件名「ワークショップ申し込み」とし
ご参加を希望されるワークショップ名と
お名前、ご連絡先、参加人数をお伝えください。

 

10/11月のキーホルダーをお申し込みの方は

ご希望のキーホルダーの色(紫/黄)をご記入ください。

また、11月のリボンモチーフをお申込みの方は

バレッタまたはブローチをご明記ください。

メールの場合は、こちらからの確認が21時以降となります。

そのため、人数が達していた場合
お断りする可能性もありますので、予めご了承くださいませ。
(携帯電話の場合、PCからの受信を可能にしておいてください)

 

 

 

| comments(0) | category: ワークショップ |
9月のこぎん教室でした

さて。今日は「こぎん教室」の日。

キーホルダーを作るのですが、まずはここからスタートです。

真ん中から始めます。

毎回参加の方は、図案の見方も慣れてきましたねぇ。

先月課題の、くるみのピンクッションでご参加の方も。

この刺し終わった生地が…

今回は、みなさん経験者ということで

進むのが早ーい。

もうすでにマカロン状。

そして、キーホルダーのパーツにあわせます。

まわりを皮用の糸でぐしぐしと。

どの糸色にするか迷うのも楽しみの一つ。

完成の前に…。

本日の甘味は、いつもの川上商店さん。

バナナとくるみと黒糖のケーキ。

やさしい甘さがふんわりと漂う

しっとりケーキは、またしてもみなさまを満足顔に。

できましたよー。

色が違うと、印象もがらりと変わります。

ピンクッションの方もー。

糸のテンションが揃い、キレイ。

そして仕上りスピードも速いのです。

 

ご参加いただいたみなさま、

ありがとうございました。

講師のsourire(スウリル)さん

お疲れさまでした。

 

次回の開催は、10月23日(日)です。

内容は、本日のものと同じになります。

で、11月開催も決定しております。

お申込み受付は、同時進行いたします。

若干、複雑なので

また明日改めてお知らせいたしますね。

 

 

desigh labo chica×Mula:working cloth展示会

「india is fine!」

〜インドでつくる手仕事のお洋服と雑貨たち〜

2016年9/14(水)〜 10/2(日) ※最終日は16時まで

(期間中の休み 9/20.21.26.27

 

 

| comments(0) | category: ワークショップ |
9月のこぎん教室参加者さん募集

さっそくではありますが、まずはお知らせ。

明日25日(木)は、お伝えしておりますとおり

勝手ながら、臨時休業となります。

ご了承くださいませ。

 

そして、変わりまして

9月のスウリルさんの「こぎん教室」のご案内です。

これ、作ります。

キーホルダーでございます。

なんと両面にモドコ(模様)が入るのであります。

これは雪の結晶模様。

この生地は毛糸が刺しやすいとのことで

細い毛糸で刺繍されています。

これは見本の黄色の反対側。

実は、紫のものと生地の質と色味が少し違います。

 

当日は、何種類の中から

ベース生地を選んでいただくことができます。

その生地に合った糸種から、お好きな色で刺繍をしますが

キーホルダー本体(合皮レザー)は、

ご予約時に、紫か黄色を決めていただきます。

 

それぞれ数に限りがございますので

場合によっては、ご希望に添えない場合がございますが

予め、ご了承いただければ幸いです。

 

あ、モドコも

この中からお好きな組み合わせで作っていただけます。

 

こっくりとした色味が

ちょっと秋の気配も感じられる、このキーホルダー。

どんどん日常使いしていきたいアイテムです。

あ〜、作るのが楽しそう…。

ご参加のご応募、おまちしております。

 

 

「9月のこぎん教室」9月分は受付を終了しております
日  時 … 9月22日(木・祝)13時〜16時
参 加  費 … 3200円(材料費込・お菓子付)
定  員 … 5〜6名

講  師 sourire(スウリル)
持ちもの … 糸切りばさみ
       (お持ちでない方は、ご相談ください)

 

ご予約・お問い合わせは、23番地.の店頭または
お電話(0721-26-2500)にて。


営業時間中のご予約がむつかしい場合や
当店が定休日の際は
メール: 23banchi☆gmail.com
(送信時☆を@に変更してください)へ、ご連絡くださいませ。

その際、件名「ワークショップ申し込み」とし
ご参加を希望されるワークショップ名と
お名前、ご連絡先、参加人数と、ご希望のキーホルダーの色(紫/黄)をお伝えください。

メールの場合は、こちらからの確認が21時以降となります。

(8月末〜9月あたまに夏季休暇をいただくため、

 ご返答に数日いただく場合がございます)

そのため、人数が達していた場合
お断りする可能性もありますので、予めご了承くださいませ。
(携帯電話の場合、PCからの受信を可能にしておいてください)

 

 

| comments(0) | category: ワークショップ |
8月のこぎん教室

本日は、8月の「スウリルさんのこぎん教室」の日。

本日のパターンは

これ。うろこ柄の一種です。

そして、名わき役になるのがクルミの殻。

さぁ。刺し進めます。

あと、もう一息。

きれいなグラデーションがでました。

刺し終わったら、ぐしぬいをするのですが

あたりを相談しているところ。

ぐしぐし。綿を入れながら

カタチを整えていきます。

丸みをつけたら…クルミの殻と合わせます。

で、その前に。

本日のお菓子は、川上商店さんの桃のクランブル。

ほろほろとした食感と、桃のさわやかさが

次への集中の促進力になることでしょう。

ちなみに、「桃」は秋の季語だそうです。

そして、完成です。

出来た分からお借りして写してみました。

ちょっとぼやけてしまったよ…。

 

いつもは、結構

色の配色がばらけるんですけど、

今回はみなさんピンク系統を選択。

クルミの形が違うので

それぞれに少しずつ雰囲気も変わります。

 

帰ってからたくさん作る…と

みなさん意欲もりもりでした。

暑い中、お越しいただきありがとうございました。

そんな熱心な参加者さんに、お詫びがございます。

今回「クランブルのお土産があります!」と

お伝えしておきながら、お帰りの際

お渡しするのをすっかり忘れておりましたー。

 

気が付いたのは、みなさんが帰られてしばらくしてから。

時すでに遅し…あぁ。

本当にすみませんでした。以後気を付けます…。

そんなわけで、講師のスウリルさんにお持ち帰りいただきました。

 

「あららら」と笑って慰めてくれた

講師のスウリルさん、お疲れさまでした。

 

9月の「こぎん教室」は

9月22日(木・祝日)です。

詳細は、後日お知らせいたしますね。

 

 

只今、開催中

出張linogu」7/27(水)〜8/26(金)

 

| comments(0) | category: ワークショップ |
こぎん教室 参加者さん募集

昨日、お伝えした「こぎん教室」。

早速ですが、

「8月のこぎん教室」参加者さん募集のお知らせです。

 

今回の課題は、ピンクッション。

くるみの殻に包まれているので

そのままコロンと飾っていても

立派なオブジェにもなりますね。

色はもちろん、お好きなもので構成できます。

 

生地は、青森弘前のもの。

少し縦長に模様が出るのが特徴です。

 

くるみの殻は大きいものなので

見た目よりは刺しごたえがあるかも。

一つ作り方を覚えて何個か並べてもかわいいですよ。

 

真夏ですけど、数時間糸と生地に向き合ってみませんか?

途中の糖分補給の時間も楽しいですよ。

みなさまのお申し込みをお待ちしております。

 

 

「8月のこぎん教室」
日  時 … 8月21日(日)13時〜16時
参 加  費 … 2500円(材料費込・お菓子付)
定  員 … 5〜6名

講  師 sourire(スウリル)
持ちもの … 糸切りばさみ
       (お持ちでない方は、ご相談ください)

 *参加費は、ピンクッション1つ分です。500円で1つ追加できます。

 

ご予約・お問い合わせは、23番地.の店頭または
お電話(0721-26-2500)にて。
ご予約の際、ご希望の日にちと時間をお伝えください。

営業時間中のご予約がむつかしい場合や
当店が定休日の際は
メール: 23banchi☆gmail.com
(送信時☆を@に変更してください)へ、ご連絡くださいませ。

その際、件名「ワークショップ申し込み」とし
ご参加を希望されるワークショップ名と
お名前、ご連絡先、参加人数をお伝えください。

メールの場合は、こちらからの確認が
21時以降となります。そのため、人数が達していた場合
お断りする可能性もありますので、予めご了承くださいませ。
(携帯電話の場合、PCからの受信を可能にしておいてください)

 

 

 

| comments(0) | category: ワークショップ |
7月のこぎん教室

真夏の太陽が照り付ける中

お申込みいただいた方に集まっていただいて

sourire(スウリル)さんの7月のこぎん教室が始まりました。

今回は初めての方が多いので

まずはボードを使って

どういう風に始めて、どう終わるかを説明。

皆さん、真剣に耳を傾けています。

そして、色糸選び。

とーっても悩ましい時間。

まずはイメージする色を選択していきます。

今回の課題は、シンプルにも

カラフルにも出来るもの。

なので、糸のコーナーがこんな風に…。

刺し進めていき

また途中で、色の調整。

みなさん、本当に悩まれています。

さぁ。本日の休憩タイムはスウリルさんのご友人

川上商店さんの檸檬とヨーグルトのカップケーキ。

檸檬の香りが豊かな、さっぱりとしたお菓子は

この季節にぴったりですねぇ。

糖分補給が終われば、すすめますよ。

今回は、写真を撮り行くことがなかなかできず

でしたが、みなさんの作品。

(ご都合で途中退室された方の分が撮れませんでしたが…。)

配色によって印象が全く異なるのがわかりますね。

 

暑い中、ご参加いただきましたみなさま

ありがとうございました。

スウリルさん、お疲れさまでした。

 

こういう作業が好きなんだーと

再認識された方もおられる「こぎん教室」。

次回開催は、8月21日(日)です。

詳細は後日改めて、こちらでご報告いたしますね。

 

 

| comments(0) | category: ワークショップ |
7月のこぎん教室

こちらのワークショップは満席となり、募集を締め切りました。

お申込みありがとうございました。

 

先日、お伝えしておりました
7月の、こぎん刺しワークショップですが
詳細が決まりましたので
さっそく、お知らせいたしましょう。

講師は、スウリルさん。

今回の課題は、刺繍枠をフレームに見立てたもの。

こぎん刺しの額は、直径10cmです。

これまでのように仕上げの作業は、ほぼ皆無。

ひたすら刺繍の作業に集中していただけます。

 

見本はポップでカラフルですが、
糸色はいつも通り、選べます。
生地は麻混の刺繍用の粗めで、刺しやすいそうな。


このまま、壁にかけておくことも出来ますよ。

こぎん刺しの世界に浸ってみたい方
ぜひぜひ、ご検討くださいませ〜。
毎回好評の美味しいお菓子もありまする。


「7月のこぎん教室」
日  時 … 7月30日(日)13時〜16時
参 加  費 … 2800円(材料費込・お菓子付)
定  員 … 5〜6名
持ちもの … 糸切りばさみ
       (お持ちでない方は、ご相談ください)

 

ご予約・お問い合わせは、23番地.の店頭または
お電話(0721-26-2500)にて。
ご予約の際、ご希望の日にちと時間をお伝えください。

営業時間中のご予約がむつかしい場合や
当店が定休日の際は
メール: 23banchi☆gmail.com
(送信時☆を@に変更してください)へ、ご連絡くださいませ。

その際、件名「ワークショップ申し込み」とし
ご参加を希望されるワークショップ名と
お名前、ご連絡先、参加人数をお伝えください。

メールの場合は、こちらからの確認が
21時以降となります。そのため、人数が達していた場合
お断りする可能性もありますので、予めご了承くださいませ。
(携帯電話の場合、PCからの受信を可能にしておいてください)

 

 

 

| comments(0) | category: ワークショップ |
こぎんなリボン
今日は、こぎん刺しのワークショップが開催されました。
講師は、もちろんsourire(スウリル)さん。
初めての方、以前からお越しの方
それぞれが席について…

図案に色を塗っていきます。
頭の中でシミュレーション。

今回使ったのは、いつもより
少し糸のより数が多いかせ。

数を数えているので
個々のペースで黙々と。

おっ。
ずいぶんと進んでいます。
なので…ここいらでティーブレイク。

スウリルさんからの川上商店さんのお菓子。
「夏越の祓」の時期に食べる”水無月”を
洋風にアレンジしたケーキは、ヨモギときなこがベース。
水出しの黒豆茶を合わせて。

さて。糖分を補給したあとは
仕上げにも着手。
コの字どめで袋状に仕立てます。

リボンの中心をグシグシと まつっていきます。
金具と重なるところなので
ちょこっと大らかにいきましょう^^

さぁ、あとは金具をつけるだけ。
もう一息です。

完成!
こぎん部分は、それぞれに違う色の糸で。
同じデザインでも、ずいぶんと印象が変わります。

バレッタにされた方、ブローチにされた方。
きっと愛着が湧いて
身につけている間は、うきうきするかも。
素敵に仕上がりました。

ご参加いただいたみなさま
ありがとうございました。
スウリルさん、お疲れさまでした。

次回のこぎん刺しワークショップは、7月30日(土)を予定しております。
詳細が決まり次第、お知らせいたしますね。


 
| comments(0) | category: ワークショップ |
6月のこぎん刺し教室

こちらのワークショップは満席となりました。
ご了承くださいませ。


先日、お伝えしておりました
6月の、こぎん刺しワークショップですが
詳細が決まりましたので
さっそく、お知らせいたしましょう。

リボンモチーフは
デニムと麻地のコンビネーション。
講師は、もちろんスウリルさん。

このリボンの後ろには、パーツが付くのですが
バレッタか、ブローチをお選びいただけます。
リボンの大きさは、約10cmです。

本格的な夏に向けて
白いお洋服にも合うように…と
津軽つきやさんのオリジナルの麻生地と
サンプルに使われているのは
漂白されていない白糸。

真っ白な糸もあって
それでも、よりすっきり感が出ていいらしい…
生地はこの色ですが、
糸は、太目の糸の数色から選んでいただけます。

図案は表側だけですが
作っていて、時間がかかりそうな場合は
もっとシンプルな図案に途中で切り替えられます。

生地の穴が見やすいので、刺しやすいですし
途中で図案が変更できるのなら
初めての方にも参加していただきやすいかと。

このリボンモチーフ。
店頭では人気のバレッタと同じ型。
ぜひぜひ、ご検討くださいませ〜。
美味しいお菓子で、途中休憩もありまする。


「こぎん刺しのリボンモチーフ」
日  時 … 6月26日(日)13時〜16時
参 加  費 … 2800円(材料費込・お菓子付)
定  員 … 5名
持ちもの … 糸切りばさみ
       (お持ちでない方は、ご相談ください)

ご予約・お問い合わせは、23番地.の店頭または
お電話(0721-26-2500)にて。
ご予約の際、ご希望の日にちと時間をお伝えください。

営業時間中のご予約がむつかしい場合や
当店が定休日の際は
メール: 23banchi☆gmail.com
(送信時☆を@に変更してください)へ、ご連絡くださいませ。

その際、件名「ワークショップ申し込み」とし
ご参加を希望されるワークショップ名と
お名前、ご連絡先、参加人数をお伝えください。
今回はバレッタかブローチのご希望も合わせてお伝えください。

メールの場合は、こちらからの確認が
21時以降となります。そのため、人数が達していた場合
お断りする可能性もありますので、予めご了承くださいませ。
(携帯電話の場合、PCからの受信を可能にしておいてください)


 
| comments(0) | category: ワークショップ |
こぎんバスケット
今日の午後は、
こぎん刺しのワークショップ。
鳴くのがうまくなったウグイスをBGMに。

みなさん、悩みに悩んで配色を検討します。
同じ系統の色でも微妙に印象が変わります。
配色を決めたら、いざスタート。

「え?間違えてる?」
「今は、ここやから〜」
ずれていくと柄が変わるので
不安になったら、すぐ講師スウリルさんに相談。

真ん中のもどこ(パターン)が出来上がってきました。
色鉛筆で現在位置を確認しながら…。

2つ目の配色へ。
少しずつ慣れてきましたねぇ。

集中が続いたので、ティーブレイク。
前回と同じ、スウリルさんのお知り合い
川上商店さんの、こだわり素材のカップケーキで糖分補給。

休憩をはさみ、3つ目のもどこも終了。
いよいよ、バスケットのフタに貼り付けます。
真ん中に来るように、位置を微調整。
今までと違う、工作要素の作業。

フタとバスケットの連結部分にかぶる布はカット。
ほんの少しだけ余分を取って。
でもボリュームがでないように。

切り取ったら、その端部分を
連結のレザーの中へ目打ちを使って
丁寧に入れ込んでいきます。

フチは、布テープで
ぐるりとボンドで留めていきます。

完成です!
小さなバスケットですが
何を入れるか考えるのも楽しみな
そんなオリジナルのバスケットができました。
配色の違いで、本当に印象が変わりますよねぇ。

ご参加いただきましたみなさま、
ありがとうございました。
肩をほぐしてくださいね^^

講師のスウリルさん
おつかれさまでした。

次回のこぎん刺しワークショップは、
6月末を予定しております。
詳細が決まりましたら、また
こちらでご報告いたしますね。


企画展「星燈社の書くるみ集まりました」
〜5月22日(日)   最終日16時まで
  詳しくは、コチラ

gemini個展「さぼてんず展」
H28.5.25(水)〜29(日) ※最終日は16時までです

 
| comments(0) | category: ワークショップ |
Profile
23番地.
富田林市富田林町17−43
筺。娃沓横院檻横供檻横毅娃
10:30〜17:00
   月・火休み
(祝日の場合営業 翌日休み)
4月のお休み
 3(月)・ 4(火)
10(月)・11(火)
17(火)・18(水)
24(月)・25(火)
Archives
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links